ダイエットの食事

ダイエットでの食事の内容

ダイエットと聞くと朝食を抜いたりして摂取量を減らす方法を取る人が多いです。

 

ですが、不安定な食生活から生まれる体重の増加はストレスを生みます。
無理に食べる量を減らそうとしても、結局は我慢しきれずどこかで食べてしまう…典型的な失敗例ですね。

 

毎日摂取する食事の内容がその人の体型を作ります。
自分でその内容を制御することができるテクニックさえ身につければ、1日3回の食事と1日1回のおやつを食べながらでもダイエットすることができるのです。

 

そもそも太る人の特徴として、ストレスの解消に「食べる」という手段を取る人がほとんどです。
仕事でのイライラ、彼氏との喧嘩、体型へのコンプレックス…など、ストレスの感じる状況に置かれると、「ダイエットは明日からでいいや」と即座に方針を変えてしまい自分が食べたいものを食べたいだけ摂取するという傾向にあります。

 

ですので、食事内容を制御するテクニックは、イコールストレスに勝つための対策とも言えるのです。

 

ストレスと上手く付き合えるようになれば、リバウンドの防止にもなるので良いことだらけです。

 

  • 野菜をたくさん摂る
  • おやつのサイズを決める
  • 飲み会での食べ方に注意する

 

この3つを意識するようにしましょう。

 

補足しますと、おやつは1日1回、手のひらに乗るサイズのものにします。
(大福とかプリンとか)
また、飲み会で注意すべきは、酒の量ではなくおつまみです。
酒量の制限は、お酒が好きな人ほどストレスに繋がります。

 

その日の朝食、昼食、おやつとの兼ね合いを考えたおつまみを「食べ過ぎない」程度に食べましょう。
上品なおつまみの選び方ができる人は、大人の飲み方ができる人とも言えるのです。

 

キャビテーションとはトップページへ